トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

天竜川転覆事故、元船頭主任の無罪確定 

 2011年に浜松市の天竜川で川下り船が転覆し乗客ら5人が死亡した事故で、業務上過失致死罪に問われた運航会社「天竜浜名湖鉄道」の元船頭主任小山正博被告(68)を逆転無罪とした東京高裁判決について、東京高検は4日、上告しないと明らかにした。5日午前0時で無罪が確定。

 今年1月の一審静岡地裁判決は「他の船頭を指導・訓練する義務を怠った」として禁錮2年6月、執行猶予4年を言い渡した。9月20日の高裁判決は「転覆の現実的な危険性を認識できたとは考えがたい」と一審判決を破棄し、無罪とした。

 元営業課長と実際にかじを取った元船頭は一審で起訴内容を認め、有罪が確定。

(共同)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索