トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

暴言問題の豊田氏が出馬表明 衆院埼玉4区、無所属で

 秘書への暴言や暴行を報じられ、自民党を離党した豊田真由子氏(42)は3日、埼玉県新座市内で記者会見し、衆院埼玉4区から無所属で出馬する意向を表明した。

 豊田氏は「議員として市民のために働きたい。(支援者の)励ましの声にお応えする義務がある」と述べた。

 週刊新潮の報道によると、豊田氏は5月、政策秘書だった男性の頭や顔を数回殴り「はげ」「死ねば」などと暴言を吐いた。埼玉県警は男性の被害届を受理し、傷害容疑も視野に捜査している。

 豊田氏は厚生労働省課長補佐などを経て2012年12月の衆院選で初当選し、2期務めた。

(共同)

 記者会見する、自民党を離党した豊田真由子氏=3日午前、埼玉県新座市

 記者会見する、自民党を離党した豊田真由子氏=3日午前、埼玉県新座市

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索