トップ > 経済 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

経済

東証、今年の最高値更新 円安、短観を好感

 週明け2日の東京株式市場は、円安進行と日銀の企業短期経済観測調査(短観)の内容を好感した買い注文が優勢で、日経平均株価(225種)は反発した。終値は前週末比44円50銭高の2万0400円78銭で、今年の高値を更新し、約2年1カ月ぶりの水準となった。

 東証株価指数(TOPIX)は1・13ポイント安の1673・62。出来高は約13億5500万株。

 朝方は、日銀が発表した短観で、大企業製造業の景況感の改善が確認されたことが買い材料となった。外国為替市場の円相場が1ドル=112円台後半に下落して推移したことも市場心理を好転させた。

(共同)

 東京証券取引所=東京・日本橋兜町

 東京証券取引所=東京・日本橋兜町

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索