トップ > 国際 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

国際

米中、北朝鮮核で協調確認 国務長官、圧力要請か

 【北京共同】中国の習近平国家主席は30日、訪中したティラーソン米国務長官と北京で会談し「両国は国際社会や地域の重大な問題で意思疎通と協調を強めなければならない」と述べ、北朝鮮の核・ミサイル問題での協調を確認した。共産党機関紙、人民日報が伝えた。

 朝鮮半島情勢を巡り、トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との間で非難の応酬がエスカレートし、米朝の緊張は高まっている。米側は軍事衝突を避けるためには北朝鮮に強い影響力を持つ中国の役割が重要だとしており、ティラーソン氏は中国側に北朝鮮への圧力強化を働き掛けたとみられる。

 会談前に握手するティラーソン米国務長官(左)と中国の王毅外相=30日、北京の人民大会堂(共同)

 会談前に握手するティラーソン米国務長官(左)と中国の王毅外相=30日、北京の人民大会堂(共同)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索