トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

養老の人気焼き肉店、6人がO157食中毒 女子大学生1人重症

 岐阜県は29日、同県養老町の焼き肉店「やきにく藤太」で食事した愛知県一宮市などの21〜37歳の男女6人が食中毒の症状を訴え、便から腸管出血性大腸菌O157が検出されたと発表した。うち4人が入院し、3人は退院したが、重症の一宮市の女子大学生(21)が現在も入院中。命に別条はなく、回復傾向にあるという。

 岐阜県生活衛生課によると、6人は9月7〜8日に牛カルビやサラダなどを食べ、嘔吐や血便などの症状が出た。6人のうち、受診した5人の菌の遺伝子型が一致したため、店での食事が原因と断定した。

 県は29日から同店を営業禁止処分とした。再発防止策が講じられれば解除する。同店はテレビや雑誌で紹介される人気店として知られる。

(中日新聞)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索