トップ > 政治 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

政治

河村名古屋市長、衆院選出馬断念を表明 

 10月10日公示の衆院選に出馬の意欲を示していた河村たかし名古屋市長は29日、報道陣の取材に「今回は衆院選に出ることはあきらめまして、名古屋の皆さんのためにご奉公させていただきます」と述べ、立候補の断念を表明した。

 河村市長は断念の理由について「名古屋の皆さんから『もうちょっと名古屋でやってちょー』という声をたくさんいただいた。涙が出るほどうれしかった」と述べた。立候補した場合の市長職の後継者探しが難航したことも「断念理由の一つ」と話した。

 「総理を狙う男」と公言してきたが、「総理を狙う男をやめることはない。あの世でも続ける。名古屋の政治を広げることが私のミッション」と、将来的な国政進出への意欲をあらためて語った。

 この選挙戦で小池百合子東京都知事らと連携する方針を示している大村秀章愛知県知事との関係については「トムとジェリーという感じですけど。一緒にやってきたので、いろいろ話し合ってやっていくのは当然のこと」と述べた。

 河村市長はこれまで「名古屋のいい政治を日本中に広めんといかん」と出馬に意欲を示していた。ただ、市長職の後継者探しが難航した上、小池知事が代表に就いた新党「希望の党」から支援を受けるめども立たなかった。

(中日新聞)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索