トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

名古屋などの幼稚園児87人食中毒 岡崎の食品会社の弁当原因

 愛知県岡崎市は29日、同市大門4の食品会社「ときわ食品」の仕出し弁当を食べた県内四つの幼稚園の園児87人が食中毒の症状を訴え、うち10人が入院したと発表した。市は食品衛生法に基づいて同社を営業禁止とした。

 市生活衛生課によると、仕出し弁当は、名古屋市と日進市、蒲郡市の計4園で提供された。症状が出た87人は3〜6歳で、21〜28日に下痢や腹痛、嘔吐などを発症。少なくとも15人からサルモネラ菌が検出された。全員命に別条はないという。菌の混入の経緯は分かっておらず、調査を続けている。

 蒲郡市の私立幼稚園では年中の67人が21日、同社のおにぎりや鶏の竜田揚げ、煮物などの入った仕出し弁当を食べ、26日に25人が下痢などの症状で欠席。園医の指導で同日から3日間、学年閉鎖をした。園長は「保護者から不安の声が上がっており、業者の変更も考えている」と話す。

 名古屋市と日進市の私立幼稚園は、28日から園児の保護者に自宅から昼食の弁当を持ってくるように依頼し、園児への給食の提供を停止している。

 ときわ食品の山本敏史社長は29日、名古屋市と日進市の幼稚園を訪れ、保護者に食中毒の経緯や保健所の調査状況などを説明して謝罪した。山本社長は本紙の取材に「再発防止と被害に遭われた方におわびの意を伝えられるよう、最善を尽くします」と話した。

 同社は昨年4月にも集団食中毒を起こし、3日間の営業禁止となった。

(中日新聞)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索