トップ > 政治 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

政治

小池氏自ら憲法、安保観で選別 民進の公認申請、違えば「排除」

 新党「希望の党」代表の小池百合子東京都知事は29日の記者会見で、衆院選(10月10日公示―22日投開票)を巡り、合流する民進党出身者からの公認申請に関して小池氏自身が選別し、最終決定する意向を表明した。「安全保障や憲法観といった根幹部分で一致するのが必要最低限だ」と指摘し、政策や考え方が合わない候補者については「排除する」と強調した。

 小池氏は「野合」との批判を警戒し強いメッセージを発信した形。安倍晋三首相は小池氏への批判姿勢を強めており、政権選択型となる選挙戦の攻防が本格化しそうだ。

 関係者によると、小池氏は1次公認を30日にも発表する考え。

(共同)

 記者会見する希望の党代表の小池都知事=29日午後、東京都庁

 記者会見する希望の党代表の小池都知事=29日午後、東京都庁

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索