トップ > 経済 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

経済

8月の鉱工業生産2・1%上昇 基調判断据え置き

 経済産業省が29日発表した8月の鉱工業生産指数速報(2010年=100、季節調整済み)は103・6となり、前月比2・1%上昇した。自動車部品や半導体製造装置の増産が寄与した。上昇は2カ月ぶりだが、前月不振だった業種の反動増が目立ち「総じてみれば、生産は持ち直しの動きがみられる」との基調判断を据え置いた。

 業種別では全15業種中、11業種が上昇した。国内向けの半導体や液晶の製造装置が堅調だった業務用機械の生産が増加。自動車部品輸出が伸びた輸送機械や、電子部品・デバイスも上昇した。一方で化学工業や石油・石炭製品など4業種は低下した。

(共同)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索