トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

緩衝材に車衝突、吹田の会社員男性ら3人死傷 滋賀の新名神土山SA

 26日午後6時35分ごろ、滋賀県甲賀市土山町の新名神高速道路下り線の土山サービスエリア(SA)付近で、大阪府吹田市長野東の会社員長谷川浩さん(55)の乗用車が、SAに入る分岐点にあるクッションドラムと呼ばれる緩衝材に衝突し横転した。長谷川さんと、後部座席にいた妻でパート職員の美也子さん(55)が頭を強く打ち死亡。助手席にいた次女で会社員の美和さん(23)も首を強く打ち重傷。

 県警高速隊によると、乗用車は衝突のはずみでSAへの流入路側に横転し、美也子さんは車外に投げ出された。この事故で、亀山ジャンクション(三重県亀山市)―甲賀土山インターチェンジ間の下り線が、午後7時45分から約7時間通行止めになった。

(中日新聞)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索