トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

談合疑いで度会町職員を逮捕 電気工事設計額漏らす

 三重県度会町発注の上水道工事の設計金額を漏らして入札を妨害したとして、県警捜査2課と伊勢署は26日、官製談合防止法違反の疑いで、同町税務課住民税係長の山口幸宏容疑者(43)=同町麻加江=と、電気工事会社「イレクト伊勢」会長阿形治信容疑者(74)=同県伊勢市二見町荘、同社専務吉川文和容疑者(49)=同=を逮捕した。

 逮捕容疑では、山口容疑者は上水道関連工事の入札情報を管理する生活環境課係長だった2014年7月下旬、町が発注した水源池(同町棚橋)の電気設備工事の指名競争入札で、公開されていない工事の設計金額(約6千万円)を吉川容疑者に教えたとされる。阿形容疑者と吉川容疑者は設計金額を参考に予定価格を計算し、工事を落札したとされる。3人とも容疑を認めている。

 町によると、入札は4社が参加して同年7月31日にあり、イレクト伊勢が最低価格の5550万円で落札した。落札率は約95%だった。

 県警は26日夜、山口容疑者の自宅や同社など5カ所を家宅捜索した。27日には同町役場の家宅捜索に入る。

(中日新聞)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索