トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

原発審査「道義的資格議論せず」 柏崎6・7号機で規制委員長

 原子力規制委員会の更田豊志委員長は27日の定例記者会見で、東京電力の原発事業者としての適格性について「道義的に資格があるかどうかは議論していない。審査の一環である以上、技術的適格性のことだ」と述べた。規制委はこの日午前の定例会合で、東電が再稼働を目指す柏崎刈羽原発6、7号機(新潟県)の審査書案を公表。次回来月4日に了承する方針で、事実上の審査合格となる。審査では福島第1原発事故を起こした東電の適格性が焦点となっていた。

 規制委は、東電が第1原発の廃炉や、安全確保など安全文化の向上について文書で示したことを評価し、適格性を認めた。

(共同)

 記者会見する原子力規制委の更田豊志委員長=27日午後、東京都港区

 記者会見する原子力規制委の更田豊志委員長=27日午後、東京都港区

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索