トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

あま市の爆破予告事件、岡山の大学生が関与か 

 愛知県あま市の市甚目寺総合体育館の事務室に「爆弾を仕掛けた」との電話が6、7日に相次いだ事件で、奈良市内のレストランに爆弾を仕掛けたと電話したとして奈良県警に逮捕された岡山市の男子大学生(18)が関与をほのめかす供述をしていることが、捜査関係者への取材で26日分かった。

 奈良署によると、大学生は7日午前11時ごろ、奈良市内のレストランに爆弾を仕掛けたと電話し、同店の従業員に不審物の点検をさせたなどとして、威力業務妨害の容疑で逮捕された。

 取り調べの中で、大学生があま市の件にも関与をほのめかす供述をしていると愛知県警に連絡があった。

 あま市などによると、6日午後2時すぎに3回、7日午前10時ごろに1回電話があった。ともに爆弾は見つからなかったが、体育館の利用者を外に避難させたほか、対応のために市議会が途中で打ち切りになるなどの影響があった。

 市は被害届を出すことを検討しており、県警津島署などが慎重に調べている。

(中日新聞)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索