トップ > スポーツ > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

スポーツ

レスリング五輪金の登坂、復帰戦V 全日本女子オープン

 レスリングの全日本女子オープン選手権は24日、静岡県の三島市民体育館で行われ、左足のけがのために戦列を離れていた登坂絵莉(東新住建)が昨年のリオデジャネイロ五輪48キロ級金メダル以来、約1年1カ月ぶりに実戦復帰し、53キロ級で初戦から3試合続けてテクニカルフォール勝ちして優勝した。55キロ級は8月の世界選手権女王の奥野春菜、63キロ級は世界選手権代表の川井友香子(以上至学館大)が制した。

 24歳の登坂は2020年東京五輪を見据え、1月に慢性的な痛みがあった左足親指付近の手術を受けた。4連覇が懸かっていた世界選手権出場も断念し、治療に専念していた。

(共同)

 53キロ級で優勝した登坂絵莉=三島市民体育館

 53キロ級で優勝した登坂絵莉=三島市民体育館

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索