トップ > 経済 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

経済

米携帯2社近く合併合意か ソフトバンク系が少数株主

 【ニューヨーク共同】ロイター通信は22日、ソフトバンクグループ傘下の米携帯電話4位のスプリントと3位のTモバイルUSによる合併協議が近く基本合意に達する見通しとなったと報じた。合併後の新会社の株式は、TモバイルUSの親会社ドイツ通信大手ドイツテレコムが過半数を握り、ソフトバンクの保有比率は50%未満になるという。

 スプリントとTモバイルUSは基本合意した後、両社の資産価値を評価し、10月末までに合併条件の詳細を詰めるとみられる。

 ロイターによると合併が実現すれば、米通信大手ベライゾン・コミュニケーションズとAT&Tの上位2社に近づく。

 米フロリダ州にあるスプリントの店舗=2016年3月(ロイター=共同)

 米フロリダ州にあるスプリントの店舗=2016年3月(ロイター=共同)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索