トップ > スポーツ > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

スポーツ

中日・森野内野手が引退 日本一やリーグ連覇に貢献

 プロ野球中日ドラゴンズは21日、森野将彦内野手(39)が今季限りで現役を引退すると発表した。プロ21年目の今季はここまで21試合に出場して40打数10安打1打点。7月2日の広島戦(マツダ)で右太ももを肉離れして、以降は出場選手登録を抹消されていた。24日のナゴヤドームでの今季本拠地最終戦の広島戦後に引退セレモニーを行う。

 神奈川・東海大相模高から1997年、ドラフト2位で入団した。好機に強い打撃を武器に次第に出場機会を増やし、10年目の2006年に初めて規定打席に到達。左の強打者として、09年には同僚のトニ・ブランコ内野手と打点王を争うなど、主軸として活躍した。

 07年に球団史上53年ぶりとなる日本一や10、11年のセ・リーグ連覇に貢献。10年にベストナイン、14年には1塁手としてゴールデングラブ賞に輝いた。08年には日本代表として北京五輪に出場した。

 通算成績は21日現在、1800試合に出場し打率2割7分7厘、1581安打、165本塁打、782打点。

(中日新聞)

森野将彦内野手

森野将彦内野手

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索