トップ > 経済 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

経済

日銀総裁、物価低迷を懸念 金利操作1年、景気下支え

 日銀の黒田東彦総裁は21日、金融政策決定会合後の記者会見で、物価上昇率2%の実現に向けた足取りの鈍さに懸念を示した。日銀は昨年9月、「政策枠組みの強化策」として政策目標をお金の量から金利に転換。景気下支えにつながった一方、物価は低迷したままで、黒田氏は企業や家計の根強いデフレ心理を背景に物価上昇は「想定よりも遅れがちなのは事実だ」と認めた。

 日銀が短期金利をマイナス0・1%とし、長期金利を0%程度に抑える枠組みは21日で1年を迎えた。黒田氏は、実質国内総生産(GDP)の6四半期連続のプラス成長を踏まえ「実体経済は考えていた以上に改善している」と評価した。

(共同)

 記者会見する日銀の黒田総裁=21日午後、日銀本店

 記者会見する日銀の黒田総裁=21日午後、日銀本店

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索