トップ > 経済 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

経済

日銀、大規模緩和を維持 景気判断は据え置き 

 日銀は21日、金融政策決定会合を開き、現状の大規模な金融緩和策の維持を決めた。デフレ脱却を明確にするための物価上昇率2%の実現が遠く、緩和策を粘り強く続ける必要があると判断した。短期金利をマイナス0・1%とし、長期金利を0%程度に抑えて景気を下支えする。国内景気の現状判断も据え置いた。新任の片岡剛士審議委員は現行政策の金融緩和効果が不十分だとして、緩和策維持に反対し、全員一致にならなかった。

 日銀の大規模緩和が長期化する一方、米連邦準備制度理事会(FRB)は20日に保有資産の縮小を決め、欧州中央銀行(ECB)も10月に量的金融緩和縮小の大枠を決める方針。

(共同)

 金融政策決定会合に臨む、日銀の黒田総裁(奥中央)ら=21日午前、日銀本店(代表撮影)

 金融政策決定会合に臨む、日銀の黒田総裁(奥中央)ら=21日午前、日銀本店(代表撮影)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索