トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

突風でテント飛び4人搬送 大垣の中学校

 14日午後0時45分ごろ、岐阜県大垣市楽田町の市立星和中学校の校庭で、体育大会のため設置していたテント一張りが突風で飛ばされた。テントの支柱や支柱に固定していた水入りのポリタンクが体に当たるなどして、2年生男子3人と3年生女子1人が病院へ運ばれた。他にテント近くにいた生徒12人が体に痛みを訴えた。いずれも軽傷とみられる。

 県警大垣署や同校によると、テントは生徒の待機場所用で、幅5・3メートル、奥行き3・5メートル、高さ3・3メートルのテント6つを校庭東側に並べてあった。それぞれ四隅の支柱には18リットルの水を入れたポリタンクを据え、重りにしていた。

 事故当時は午後の競技が始まる直前で、生徒たちは競技に備えてテント下や周辺に集まっていた。飛ばされたのは北側から3つ目のテントで、ほかのテントも強風で横にずれた。

 支柱は地面にくいなどで固定されておらず、児玉努校長は「風が強いときの対応が不十分だった」と話している。体育大会は中止し、15日に残りの競技を実施する予定。

(中日新聞)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索