トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

加熱総菜で女児は感染死か、前橋 店内「二次汚染の可能性」

 埼玉、群馬両県の系列総菜店で購入したポテトサラダなどを食べた人が腸管出血性大腸菌O157に感染した集団食中毒で、前橋市は13日、死亡した東京都内の女児(3)が口にしたのは、タケノコやエビの炒め物、天ぷら、きんぴらごぼうの4種類で、いずれも加熱食品だったと明らかにした。

 これまでの調査で、店の従業員や調理場の設備からO157は検出されていない。市は「でりしゃす」の系列店が、客が大皿から取った総菜を量り売りする方式だったことから、トングの使い回しなどにより「調理後に店内で販売する段階で、別の総菜や客から菌が付着し、二次汚染が起きた可能性がある」と説明した。

(共同)

 O157感染による集団食中毒について記者会見する前橋市保健所の渡辺直行所長=13日午後、前橋市

 O157感染による集団食中毒について記者会見する前橋市保健所の渡辺直行所長=13日午後、前橋市

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索