トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

強姦被害者に「美人だから?」 難民審査で、弁護士が抗議

 難民認定の当否を審査する難民審査参与員が、強姦被害を受けたと主張するコンゴ民主共和国の女性に「美人だったから?」などと不適切な発言をしたとして、女性の代理人弁護士が、東京入国管理局に抗議文を送っていたことが31日、分かった。

 代理人の小田川綾音弁護士によると、女性は同国でのデモに野党側メンバーとして参加した際、与党側に拘束され、強姦被害を受けたとして難民申請。不認定となり、不服を申し立てていた。

 今年3月23日、小田川弁護士も同席した審尋で、民間人の男性参与員が「なぜあなたを狙ったの。美人だったから?」などと発言したという。

(共同)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索