トップ > 国際 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

国際

ダライ・ラマ外遊取りやめ 疲労でと法王庁

 【ニューデリー共同】インドに亡命中のチベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世(82)は12日までに、今月15〜20日に予定されていたアフリカのボツワナ訪問を疲労のため取りやめたと明らかにした。ダライ・ラマ法王庁が発表した。

 医師が当面、長旅を避けるように助言したという。亡命先のインド北部ダラムサラで静養するとみられる。

 ダライ・ラマは2015年にも、医師から休息を求められたため、同年10月に予定されていた米国訪問を中止した。

 ダライ・ラマ14世

 ダライ・ラマ14世

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索