トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

空襲の犠牲者、新たに判明 大阪・阪南、記録上「被害なし」

 太平洋戦争中、空襲の死傷者数が0人とされてきた大阪府阪南市で、小型機の機銃掃射で犠牲者が出ていたことが12日、目撃した男性への取材で分かった。戦後70年以上を経て新事実が明らかになったことに、専門家は「国による空襲の実態調査が進まず、見落とされてきた被害の一例だ」と指摘する。

 男性は阪南市鳥取の元船員辻本久さん(82)。終戦前の1945年夏、海岸近くの自宅から、米軍のものとみられる銀色の小型機2、3機が低空で飛来し、沖合約100メートルにいた船を襲撃するのを見た。その後、修理のため沖に停泊していた木造船の船長の遺体が近所の造船所に運ばれるのを目撃した。

(共同)

 大阪府阪南市

 大阪府阪南市

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索