トップ > 国際 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

国際

イラン当局、大統領弟拘束 政権運営に影響も

 【テヘラン共同】イランの司法当局は16日、穏健派ロウハニ大統領の弟ホセイン・フェレイドゥン大統領特別補佐官が「金銭を巡る犯罪」に関与した疑いがあり、身柄を拘束したと発表した。詳しい内容は明らかにしていない。地元メディアが報じた。

 同氏はロウハニ師が最側近として重用し、2015年7月に決着したイラン核問題を巡る欧米などとの交渉でも重要な役割を果たした。国際社会との協調を推進し、今年5月の大統領選で再選を果たしたばかりのロウハニ師の政権運営に影響を与える可能性がある。

 身柄を拘束されたイランのロウハニ大統領の弟、ホセイン・フェレイドゥン氏=3日、テヘラン(AP=共同)

 身柄を拘束されたイランのロウハニ大統領の弟、ホセイン・フェレイドゥン氏=3日、テヘラン(AP=共同)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索