トップ > 経済 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

経済

米裁判所、「東芝」結論持ち越し 28日に次回審問

 【サンフランシスコ共同】米西部カリフォルニア州の裁判所は14日、米ウエスタン・デジタル(WD)が東芝による半導体子会社「東芝メモリ」(東京)の売却差し止めを求めた訴訟で、初の審問を開いた。東芝とWDの双方から主張を聴取したが、結論を持ち越した。次回の審問は28日に開く。

 14日の審問で、カーン判事は、東芝が子会社を売却する2週間前にWD側に通知する案を提示。両社は基本的に受け入れる方針を示し、次回審問までに内容を詰めることになった。

 東芝の半導体子会社を巡る訴訟の審問=14日、米サンフランシスコ(共同)

 東芝の半導体子会社を巡る訴訟の審問=14日、米サンフランシスコ(共同)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索