トップ > 経済 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

経済

ヤマト運輸配達時間の指定枠縮小 19日の発送分から

 宅配便大手のヤマト運輸は19日の発送分から宅配便の配達時間帯を指定するサービスを縮小した。「正午〜午後2時」の枠を廃止し、指定できる区分を6から5に減らした。最も遅い「午後8〜9時」は「午後7〜9時」に変えた。

 長時間労働の抑制など従業員の負担軽減につなげる。正午〜午後2時を指定する利用者はそれほど多くないが、廃止で昼の休憩が取りやすくなる。一方、サービス縮小で利用者によっては荷物を受け取りにくくなる。

 宅配便を受け付ける各地のカウンターでは、用意している伝票の形式が切り替えられ、正午〜午後2時を指定する欄がなくなった。

(共同)

 ヤマト運輸の配達時間帯指定サービスの縮小で「正午〜午後2時」の枠がなくなった宅配便の伝票=19日、東京都大田区

 ヤマト運輸の配達時間帯指定サービスの縮小で「正午〜午後2時」の枠がなくなった宅配便の伝票=19日、東京都大田区

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索