トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

JR渋谷駅東口で鉄骨落下 解体作業中の足場崩れる

 18日午後4時50分ごろ、東京都渋谷区のJR渋谷駅東口の再開発工事エリアで、鉄骨が崩れて落下したと110番があった。警視庁渋谷署によると、部品が当たるなどした人が少なくとも3人いたが、搬送者はいなかった。解体作業中の足場が崩れたといい、同署が原因を調べている。

 渋谷署と施工した東急建設によると、落下したのは部材を仮置きする足場を支える大型の鉄骨1本で地上約6メートルにあり、重さ約15トン、長さ約12メートル、幅約2メートル。下請け業者が足場の解体作業をしていた。一般通路と、工事現場をさえぎるフェンスに引っ掛かって止まったという。

(共同)

 JR渋谷駅東口の再開発工事エリアで、鉄骨が崩れて落下した現場=18日午後5時38分

 JR渋谷駅東口の再開発工事エリアで、鉄骨が崩れて落下した現場=18日午後5時38分

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索