トップ > 国際 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

国際

NY繁華街に突入の男、薬物使用 「全員殺したかった」

 【ニューヨーク共同】米ニューヨーク中心部の繁華街タイムズスクエアに乗用車で突入し、殺人容疑などで訴追された元米兵リチャード・ロハス容疑者(26)が、事件前に薬物を使用したと供述し「(現場の)全員を殺したかった」と話していることが19日分かった。AP通信などが検察当局の話として伝えた。

 訴追資料によると、ロハス容疑者は事件直後に拘束された際、ろれつが回らない状態だった。大麻と麻薬を同時に吸引したと供述しているといい、警察は薬物の影響や詳しい動機を調べている。

 警察によると、この事件でミシガン州から家族旅行に来ていた女性(18)が死亡、約20人が負傷した。

 19日、ニューヨークの裁判所に出廷したリチャード・ロハス容疑者(中央)(AP=共同)

 19日、ニューヨークの裁判所に出廷したリチャード・ロハス容疑者(中央)(AP=共同)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索