トップ > 経済 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

経済

東証反発、190円高 米株高、円安進行で

 21日の東京株式市場は、米景気拡大の観測を背景とした前日の米株高や円安進行が材料視され、日経平均株価(225種)は反発した。朝方から買い優勢で引けにかけて上げ幅を広げ、一時200円を超えた。終値は前日比190円26銭高の1万8620円75銭で11日以来の高値水準となった。

 東証株価指数(TOPIX)は15・77ポイント高の1488・58。出来高は約18億6200万株。

 米税制改革の関連法が年内に成立するとの見方が広まり、米国株が上昇し、投資家心理を明るくした。

(共同)

 上伸する日経平均株価を表示するボード=21日、東京都内(AP=共同)

 上伸する日経平均株価を表示するボード=21日、東京都内(AP=共同)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索