トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

陸自守山駐屯地で新人に暴行、6人懲戒 

 陸上自衛隊第10師団司令部(名古屋市守山区)は21日、新人隊員に暴力をふるったとして、守山駐屯地の第35普通科連隊に所属する22〜26歳の男性陸士長6人を同日付で停職6〜25日とする懲戒処分にしたと発表した。

 司令部広報室によると、男性陸士長(23)は他の5人に新人隊員を厳しく指導するよう指示。5人は2015年10月1日に駐屯地内で、新人隊員8人に対して蹴ったり帽子でたたいたりする暴行を加えた。うち2人が顔に軽いけがを負った。

 また、同師団は21日付で、酒に酔って京都府の旧小学校敷地内に入り、建造物侵入容疑で逮捕されて起訴猶予となった同隊の男性3等陸曹(25)も停職1日の懲戒処分にした。

(中日新聞)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索