トップ > 経済 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

経済

東京円、3週間ぶり高値 一時、112円台前半

 連休明け21日午前の東京外国為替市場は、米国の長期金利低下を受けて円買いドル売りが優勢となり、一時、1ドル=112円台前半と3週間ぶりの円高ドル安水準をつけた。

 午前10時現在は、前週末比1円05銭円高ドル安の1ドル=112円38〜39銭。ユーロは1円07銭円高ユーロ安の1ユーロ=120円91〜93銭。

 米連邦準備制度理事会(FRB)が利上げペースを加速させないとの見方から米長期金利が低下し、日米の金利差縮小を見込んだ円買いドル売りが先行した。

(共同)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索