トップ > 国際 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

国際

分離壁見えるホテルが開業 パレスチナ、全客室から

 【エルサレム共同】ヨルダン川西岸のパレスチナ自治区ベツレヘムで20日、イスラエルが「テロ防止」名目で建設した分離壁が客室全9室の窓から見える3階建てのホテルが開業した。出資した英国の有名な路上芸術家バンクシーは「世界一眺めの悪いホテル」を売りにしている。

 ホテル名は文字通り「ザ・ウォールド・オフ・ホテル」(壁に囲まれたホテル)。元は陶器製作所で、改修工事中はホテルになることは一切明かされなかった。1泊30ドル(約3400円)から利用できる。

 客室の窓からは、うねるように連なる分離壁やイスラエル軍の監視塔が一望できる。

 「ザ・ウォールド・オフ・ホテル」の客室から見える分離壁=20日、ヨルダン川西岸のパレスチナ自治区ベツレヘム(共同)

 「ザ・ウォールド・オフ・ホテル」の客室から見える分離壁=20日、ヨルダン川西岸のパレスチナ自治区ベツレヘム(共同)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索