トップ > 社会 > 話題のニュース一覧 > 記事

ここから本文

話題のニュース

日航、破綻で訓練中止の影響解消 地上勤務のパイロット、順次空へ

 2010年1月に経営破綻した日航で、パイロット候補生として入社したのに、訓練を受けないまま地上勤務を余儀なくされた約100人が、再開された訓練を終え次第、国内線の副操縦士として順次デビューすることになった。初日の27日、第1号となった先崎辰彦さん(34)は羽田発徳島便に乗務した。

 破綻がパイロット養成に与えた影響はこれで解消。公的支援を受け再生したことによる制約も4月からなくなる日航は、新時代を迎えつつある。

 日航は経営破綻後、路線が縮小されたことに伴い、過剰なパイロットを抱えないよう、採用や訓練を中止していた。

(共同)

 初のフライトに臨む副操縦士の先崎辰彦さん(右)=27日午前、羽田空港

 初のフライトに臨む副操縦士の先崎辰彦さん(右)=27日午前、羽田空港

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索