トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

警察署に264回電話、業務妨害の疑い 名古屋、男を逮捕

 警察署に6時間20分の間に264回の嫌がらせ電話をして業務を妨害したとして、名古屋・東署は17日、偽計業務妨害の疑いで、名古屋市北区中味鋺2、チラシ投函業瀬底正人容疑者(51)を逮捕した。

 署によると「電話はかけたが、業務は妨害していない」と否認している。

 逮捕容疑では15日午後10時40分ごろ〜16日午前5時ごろの間、同市東区筒井1の東署に電話し、応対した署員に「くそがきがぁ」「俺をなめとるのか」と怒鳴り、業務を中断させるとともに、署の電話の発着信を不能にし、警察業務に支障を生じさせたとされる。

 署によると、瀬底容疑者は今年1月、東区内で駐車違反をして放置車両確認標章を貼られたことに立腹。今月15日夜、最初は「車には駐禁ラベルを貼るのに、なぜ自転車には貼らないのか」と電話してきた。署員が説明しても聞き入れなかったという。

(中日新聞)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索