トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

シンガポール人男性に無罪 覚醒剤密輸の認識否定、東京地裁

 覚醒剤を荷物に隠して密輸したとして、覚せい剤取締法違反罪などに問われたシンガポール国籍の男性被告(68)の差し戻し裁判員裁判で、東京地裁は17日、無罪判決(求刑懲役12年、罰金700万円)を言い渡した。大野勝則裁判長は「違法薬物が入っていると認識していたとは言えない」と指摘した。

 判決によると、男性は2013年9月、羽田空港から入国。持っていたキャリーケースの中に覚醒剤約9キロが入っているのが税関の検査で見つかり、現行犯逮捕された。

(共同)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索