トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

アレフ信者、検査拒否容疑 愛知県警が逮捕、名古屋道場を捜索

 公安調査庁の立ち入り検査から逃れたなどとして、愛知県警は12日、団体規制法違反(検査拒否)の疑いで、オウム真理教主流派の団体「Aleph(アレフ)」の信者ら数人を逮捕するとともに、名古屋市中区の名古屋道場や、滋賀県内など全国の関連施設を一斉に家宅捜索した。捜査関係者が明らかにした。

 捜査関係者によると、昨年2月、アレフの全国幹部会議に合わせ、公安調査庁が名古屋市中区の名古屋道場に立ち入り検査した際、信者らは現場から立ち去るなどして、検査を逃れた疑いが持たれている。同庁が県警に刑事告発していた。

 団体規制法は、過去に無差別大量殺人を行った団体の規制が目的。オウム真理教への適用を念頭に、1999年12月に施行された。愛知県警が、アレフに対し、団体規制法を適用するのは初めて。

(中日新聞)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索