トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

弁護士に懲役2年4月 名古屋地裁判決、成年後見人で着服

 成年後見人として管理していた男性の預金口座から約1800万円を着服したとして、業務上横領の罪に問われた愛知県弁護士会所属の弁護士、渡辺直樹被告(59)=岐阜県多治見市=に対し、名古屋地裁は10日、懲役2年4月(求刑懲役4年)の判決を言い渡した。

 判決理由で小野寺健太裁判官は「弁護士や成年後見人への信頼を失墜させる行為で身勝手極まりない」と指摘。被告が反省して被害弁償をしている半面、過去にも着服行為で弁護士会の懲戒処分を受けていることなどから実刑が相当と判断した。

 判決によると、被告は2013年12月〜15年7月、成年後見人として財産を管理していた愛知県内の70代男性の口座から11回、計1828万円を横領した。

(中日新聞)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索