トップ > 教育に新聞を・NIE > NIE全国大会名古屋大会 実施概要

ここから本文

教育に新聞を・NIE

第22回 NIE全国大会名古屋大会 第22回 NIE全国大会名古屋大会

NIE全国大会名古屋大会 開催概要 NIE全国大会名古屋大会 開催概要

日程

2017(平成29)年8月3日(木)、4日(金)


会場

名古屋国際会議場(名古屋市熱田区熱田西町1番1号)

主催

日本新聞協会

共催

愛知県教育委員会、名古屋市教育委員会

主管団体

愛知県NIE推進協議会

主管社

中日新聞社

参加費
 

教育関係者・一般
2000円(懇親会は別途5000円)
新聞関係者
1万5000円(懇親会費込み)

大会スローガン

新聞を開く 世界をひらく

大会の内容

1日目
(8月3日)

全体会(開会式、記念講演、座談会)、懇親会

天野浩名古屋大学教授と吉田沙保里選手 天野浩名古屋大学教授と吉田沙保里選手
記念講演 「世界を照らすLED〜未来を照らすことの大切さ〜」

天野浩
(名古屋大学教授、ノーベル物理学賞受賞者)

座談会 「頭の知識 体の知識」
座談会 「頭の知識 体の知識」

天野浩
(名古屋大学教授、ノーベル物理学賞受賞者)
吉田沙保里
(至学館大学副学長、女子レスリング五輪メダリスト)
小出宣昭
(中日新聞社顧問・主筆)
児童生徒代表2人
土屋武志
(大会実行委員長、愛知教育大学教授)=司会進行(基調提案もかねて)

天野浩さん 記念講演 座談会に高校生を無料招待 天野浩さん 記念講演 座談会に高校生を無料招待

2日目
(8月4日)

分科会(公開授業、実践発表、特別分科会)、閉会式

公開授業校(9校)
※学校名をクリックすると、詳細が表示されます
  • 名古屋市立小幡小学校

    第4学年 社会科
    授業テーマ
    「新聞をヒントに『小幡っ子防災会議』開催!」
    授業者:
    余合弘教諭
    司会者:
    竹澤秀樹教頭
    助言者:
    名古屋市教育委員会指導室・後藤健之主任指導主事
    時事通信社・大川 節名古屋支社編集部長
  • 名古屋市立なごや小学校

    第5学年 総合的な学習の時間
    授業テーマ
    「学校に誇りと愛着をもつことができる児童の育成〜なごや小自慢新聞作りを通して〜」
    授業者:
    北薗征賢教諭、太田賢吾教諭
    司会者:
    松本伸吾教諭
    助言者:
    名古屋市立志段味西小学校・中井敏勝教頭(NIEアドバイザー)
    毎日新聞社・花岡洋二中部本社報道センター編集委員
  • 一宮市立神山小学校

    第6学年 国語科
    授業テーマ
    「NIEで広がる言葉の力〜学級討論会をしよう〜」
    授業者:
    脇田恵教諭
    司会者:
    太田崇教諭
    助言者:
    一宮市教育委員会学校教育課・井上綾見指導主事
    読売新聞社・高田浩之中部支社編集センター幹事
  • 名古屋市立植田中学校

    第2学年 国語科
    授業テーマ
    「社会に向けて発信しよう〜新聞を活用して、論理的な表現を身に付ける国語科の学習〜」
    授業者:
    伴直道教諭
    司会者:
    名古屋市立あずま中学校・宇佐見康教諭
    助言者:
    名古屋市教育委員会指導室・服部太指導主事
    共同通信社・曽我部桂名古屋支社編集部長
  • 新城市立千郷中学校

    第1学年 総合的な学習の時間
    授業テーマ
    「わたしたちがつくる新城〜新聞記事を利用した総合的な学習の時間の展開〜」
    授業者:
    金田茂己教諭
    司会者:
    河部拓教頭
    助言者:
    新城市教育委員会学校教育課・白井淳子指導主事
    東愛知新聞社・本多亮代表取締役社長
  • 愛知教育大学附属岡崎中学校

    第1学年 社会科
    授業テーマ
    「よりよい社会や自分の在り方を探し続ける生徒〜『新聞記事から愛知の未来を考える』の実践を通して〜」
    授業者:
    志賀充規教諭
    司会者:
    伊倉剛教諭
    助言者:
    愛知教育大学・真島聖子准教授
    産経新聞社・櫻井大輔中部総局長
  • 愛知県立日進西高校

    第1学年 国語科(国語総合)
    授業テーマ
    「ペア・リテリング(説明)で記事を読む」
    授業者:
    小林恭子教頭
    司会者:
    岡島正純教頭
    助言者:
    愛知県立小牧南高校・小塩卓哉校長
    朝日新聞社・平子義紀名古屋本社お客様担当部長
  • 愛知県立岡崎高校

    第1学年 公民科(現代社会)
    授業テーマ
    「『他人ごと』から『自分ごと』へ〜新聞記事を用いた『わたしたちの生きる社会』の指導〜」
    授業者:
    鈴木俊喬教諭
    司会者:
    磯谷正行教頭
    助言者:
    愛知県立碧南高校・坪井基紀校長
    中日新聞社・寺本政司名古屋本社編集局社会部長
  • 名城大学附属高校

    第3学年 特別活動(ホームルーム活動)・総合的な学習の時間
    授業テーマ
    「10年後の君は〜新聞を通して、自己のキャリアプランを考える〜」
    授業者:
    早川孝則教諭
    司会者:
    鹿末昌樹教諭
    助言者:
    愛知県教育委員会高等学校教育課・渡部純次指導主事
    日本経済新聞社・板垣孝幸名古屋支社編集部次長
実践発表校(10校)
※学校名をクリックすると、詳細が表示されます
  • 名古屋市立宝小学校

    発表テーマ
    「情報活用の実践力を高めるNIE実践〜学習に広がりと深まりをもたせる新聞活用〜」
    発表者:
    山内彰一教諭
    司会者:
    中村忍教頭
    助言者:
    名古屋市教育センター・岡部章情報教育研究室長
  • 名古屋市立大和小学校

    発表テーマ
    「言葉の力を高め、豊かに表現できる児童の育成〜新聞記事を活用した、小学2年生の取り組みを通して〜」
    発表者:
    玉井尚子教諭
    司会者:
    古川敬仁教頭
    助言者:
    名古屋市教育委員会指導室・松山清美主任指導主事
  • 豊橋市立植田小学校

    発表テーマ
    「自己肯定感を培う特別支援学級でのNIE」
    発表者:
    守田みずも教諭
    司会者:
    豊橋市立幸小学校・西郷輝久教諭
    助言者:
    豊橋市教育委員会学校教育課・塩野谷文雄指導主事
  • 碧南市立西端小学校

    発表テーマ
    「いつでも だれでも どこでも NIE〜全校で新聞を開く〜」
    発表者:
    三牧道代教諭
    司会者:
    加藤智子教諭
    助言者:
    豊橋市立幸小学校・小野浩史校長
  • 名古屋市立笈瀬中学校

    発表テーマ
    「新聞を活用し、対話的・主体的に学ぶ社会科学習の在り方」
    発表者:
    岡村佳和教諭
    司会者:
    藤堂豊教頭
    助言者:
    名古屋市教育委員会指導室・渡辺範人指導主事
  • 愛西市立八開中学校

    発表テーマ
    「地域とつながる 世界を広げるNIE〜『八開中地域おこし特別号』作成を通して〜」
    発表者:
    鈴木賢一教諭・生徒
    司会者:
    福井滋教諭
    助言者:
    愛西市教育委員会教育部・村井清彦次長
  • 豊田市立高岡中学校

    発表テーマ
    「主権者としての力を育むことを目指したNIEの実践」
    発表者:
    吉田憲司教諭
    司会者:
    大屋久美子教諭
    助言者:
    豊田市教育センター・杉山和弘指導主事
  • 愛知県立杏和高校

    発表テーマ
    「全校でひらく総合学科のNIE〜新聞学習による各系列の融合〜」
    発表者:
    加藤桂市郎教諭
    司会者:
    橋本宏恵教諭
    助言者:
    愛知県立半田高校・澤田哲校長
  • 名古屋市立名古屋商業高校

    発表テーマ
    「Cを仕掛けNIEで授業改善〜Change Challenge C型学力向上の取り組み〜」
    発表者:
    中村善昭教諭・生徒
    助言者:
    名古屋市教育委員会指導室・平柳忠信指導主事
  • 金城学院高校

    発表テーマ
    「苦しいときの”紙”頼み〜授業の可能性をひらく新聞活用〜」
    発表者:
    武岡基教諭・生徒
    司会者:
    植木隆伸教諭
    助言者:
    愛知県教育委員会高等学校教育課・堀田庸平主査
特別分科会(7テーマ)※テーマ名をクリックすると、詳細が表示されます
  • 「新聞切り抜き作品の教育効果検証」

    コーディネーター:
    日本新聞協会 関口修司NIEコーディネーター
    登壇者:
    愛知教育大学 梅田恭子准教授
    名古屋市立志段味中学校 伊藤達也教諭
    岐阜県山県市立富岡小学校 奥田宣子教諭(NIEアドバイザー)
    新聞切り抜き作品の経験者(大学生)
  • 「行政との連携で進めるNIE」

    コーディネーター:
    豊橋市教育委員会 山西正泰教育長
    登壇者:
    一宮市立向山小学校 村田慎一校長(一宮市新聞活用研究委員会)
    一宮市立萩原小学校 伊藤彰敏教頭(一宮市新聞活用研究委員会、NIEアドバイザー)
    高知県教育委員会 永野骼j教育次長
    高知新聞社編集局 岡林直裕編集委員
  • 「外国人児童生徒の日本語教育に活用するNIE」

    コーディネーター:
    愛知教育大学 上田崇仁准教授
    登壇者:
    岩倉市立南部中学校 加藤洋子教諭
    岐阜県可児市立蘇南中学校 小川裕美教諭
    可児市国際交流協会高校進学支援教室の生徒
    東京都足立区立亀田小学校 藤方愛子教諭
    東京都北区立柳田小学校 藤方裕介教諭
  • 「情報活用能力を育てる学校図書館活動とNIE」

    コーディネーター:
    立命館大学 柳澤伸司教授
    登壇者:
    刈谷市立衣浦小学校 河村智美教諭
    静岡県磐田市立城山中学校 萩田純子司書教諭
    横浜市立緑園東小学校 副島江理子校長
    中日新聞社 飯尾歩論説委員
  • 「主権者教育とNIE」

    コーディネーター:
    三重大学 山根栄次名誉教授(三重県NIE推進協議会会長)
    登壇者:
    三重県立桑名西高等学校 水野悟教諭
    名古屋市立丸の内中学校 西脇佑教諭
    三重県伊勢市立東大淀小学校 中北好美校長(NIEアドバイザー)
  • 「学習指導要領改訂を受けたNIEカリキュラム」

    コーディネーター:
    福山大学 小原友行教授
    登壇者:
    文部科学省初等中等教育局教育課程課 樋口雅夫教科調査官
    愛知教育大学附属名古屋小学校 伊藤昭良教諭
    広島県三原市立糸崎小学校 宮里洋司教頭(NIEアドバイザー)
    中日新聞社 林敦郎 NIEコーディネーター
  • 「地域で支えるNIE〜販売店との連携を考える〜」

    コーディネーター:
    浜松市立与進北小学校 山崎章成教諭(NIEアドバイザー)
    登壇者:
    中日新聞扶桑東専売店 高瀬成就代表取締役
    両藤舎 佐藤円一郎代表取締役
    瀬谷新聞店 瀬谷一世代表取締役
    岐阜市立藍川東中学校 神谷俊行校長

NIE交流ひろば

 NIEに関するさまざまな情報が気軽に入手できるスペースです。NIEに取り組む先生方や地域で新聞の魅力を発信する新聞販売店による展示発表ほか、新聞各社の教育用データベスなどNIEを進めるのに役立ちそうなサービス、機器などを紹介します。

開設時間

3日午前11時30分(受付開始時)〜4日午後1時(閉会式終了まで)

場所

イベントホール

NIE全国大会名古屋大会 当日の様子

 NIE全国大会名古屋大会 当日の様子

大会初日の様子

 開会式では、日本新聞協会の白石興二郎会長、愛知県教育委員会の平松直巳教育長、名古屋市教育委員会の杉ア正美教育長、中日新聞社の大島宇一郎代表取締役社長があいさつしました。

 続く記念講演で、天野浩名古屋大学教授は、ノーベル物理学賞を受賞した青色発光ダイオード(LED)の研究開発秘話に加えて、「新聞は未来を照らす羅針盤」と話していただきました。先生らに加え、無料招待した高校生も真剣に聞き入っていました。

記念講演 「世界を照らすLED〜未来を照らすことの大切さ

 座談会では、天野教授に、女子レスリングの五輪メダリストで至学館大学副学長の吉田沙保里さん、中日新聞社の小出宣昭顧問・主筆が加わり、地元愛知県の男子小学生と女子高生から質問を受ける形で進行。小学生の「(将棋の)藤井四段の29連勝と、ノーベル賞、吉田選手の114連勝、新聞社の社長ではそれぞれどっちがすごい?」の率直な質問に、会場も沸きました。

特集紙面 座談会「頭の知識 体の知識」

特集紙面 座談会「頭の知識 体の知識」

 名古屋めしなどが用意された懇親会には700人余りが参加。
中日新聞社の白井文吾会長らがあいさつし、名古屋おもてなし武将隊や、あいち戦国姫隊の演舞もありました。

大会2日目の様子

 どの分科会(公開授業・実践発表・特別分科会)もにぎわいました。

公開授業では、多くの見学者が見守る中、児童・生徒さんは緊張もあったと思いますが、すばらしい授業を見せてくれました。

 特別分科会では、全国の新聞社8社から寄せられた新聞切り抜き作品の展示も。「学習指導要領改訂を受けたNIEカリキュラム」には、多くの参加者が関心を寄せました。

特集紙面 分科会「新聞を開く 世界をひらく」

特集紙面 分科会「新聞を開く 世界をひらく」

 閉会式で、大会実行委員長の土屋武志愛知教育大学教授は「新聞の活用は目的でなく手だて。自分とは異なる考えに気づき、新しい答えを見つけるきっかけになる」と話し、大会をまとめました。

なごや ホコホコ NEWS

大会中の様子については、高校生らでつくる
ホコホコ NEWS編集部が取材し、
当日会場で配った号外でも紹介しています。

※サムネイルをクリックするとPDFが開きます。

NIE全国大会名古屋大会 関連特集紙面

NIE親子応援隊

 中日新聞社では、本年8月3日・4日に開催される「第22回 NIE全国大会名古屋大会」(会場:名古屋国際会議場)に向けて、家庭学習で新聞を活用する『NIE親子応援隊』を結成しました。取材リポートやコメンテーターとしても活躍する春香クリスティーンさんには、今後応援サポーターとして、家庭でNIEを実践する親子の取り組みなどを紹介していただきます。学習指導要領でも、指導すべき内容として盛り込まれ、これからの新しい学び・社会に対応するために必要とされる「新聞」の力を、親子の取り組みを通して伝えていきます。

2017年 NIE全国大会名古屋大会 記念特集ページへ >

NIE全国大会名古屋大会 関連特集紙面

NIE親子応援隊

 中日新聞社では、本年8月3日・4日に開催される「第22回 NIE全国大会名古屋大会」(会場:名古屋国際会議場)に向けて、家庭学習で新聞を活用する『NIE親子応援隊』を結成しました。取材リポートやコメンテーターとしても活躍する春香クリスティーンさんには、今後応援サポーターとして、家庭でNIEを実践する親子の取り組みなどを紹介していただきます。学習指導要領でも、指導すべき内容として盛り込まれ、これからの新しい学び・社会に対応するために必要とされる「新聞」の力を、親子の取り組みを通して伝えていきます。

NIE親子応援隊ページへ >

NIE全国大会名古屋大会 申し込み方法 NIE全国大会名古屋大会 申し込み方法

※全国大会の申し込み受け付けは終了しました

申し込み方法は、「愛知県内の教職員・一般の方」「愛知県外の教職員・一般の方および新聞・通信社の関係者」とで異なります。
新聞社・通信社・新聞販売関係者は愛知県内の人でも「愛知県外の教職員・一般の方および新聞・通信社の関係者」よりお申し込みください。
大会リーフレットに、参加を希望する分科会の記号が記してあります。ご覧ください。

大会リーフレット 大会リーフレット
ダウンロード

愛知県内の教職員・一般の方 愛知県内の教職員・一般の方

愛知県内の学校、教育委員会、教育機関などから参加される方、および県内の一般の方は、
ここから申込書をダウンロードしてお申し込みください。
申込書に必要事項を記入後、FAXまたは郵送でお送りの上、
必要金額を下記銀行口座にお振り込みください。
確認ができ次第、受付登録済みの確認はがきをお送りいたします。

申込書に必要事項を記入  申込書をダウンロード  ※2017年6月30日(金)締め切り

申込書に必要事項を記入

申込書をダウンロード

※2017年6月30日(金)締め切り

↓FAX ↓郵送
【FAXでお申し込みの場合】送信先:052-201-8997 (中日新聞社NIE事務局内 NIE全国大会名古屋大会 実行委員会事務局) 【郵送でお申し込みの場合】郵送先:〒460-8511(住所不要)中日新聞社NIE事務局内 NIE全国大会名古屋大会 実行委員会事務局 行

FAXでお申し込みの場合

送信先

052-201-8997

(中日新聞社NIE事務局内
NIE全国大会名古屋大会 実行委員会事務局)
 

郵送でお申し込みの場合

郵送先

〒460-8511(住所不要)

中日新聞社NIE事務局内
NIE全国大会名古屋大会
実行委員会事務局

【お支払い金額を確認して振り込み】三菱東京UFJ銀行大津町支店 普通0299603 (口座名義)NIE全国大会名古屋大会実行委員会 エヌアイイーゼンコクタイカイナゴヤタイカイジッコウイインカイ ※7月10日(月)までに振り込み願います。振込手数料はご負担願います。

お支払い金額を確認して振り込み

振込先

三菱東京UFJ銀行大津町支店 普通0299603
(口座名義)NIE全国大会名古屋大会実行委員会
エヌアイイーゼンコクタイカイナゴヤタイカイジッコウイインカイ

※7月10日(月)までに振り込み願います。振込手数料はご負担願います。

受付登録の確認はがきが、申込者(代表者)あてに届く ※7月18日(火)までにはがきが届かない場合は、事務局までご連絡ください。 052-221-1047(平日9時半〜17時)NIE全国大会名古屋大会 実行委員会事務局 受付登録の確認はがきが、申込者(代表者)あてに届く ※7月18日(火)までにはがきが届かない場合は、事務局までご連絡ください。 052-221-1047(平日9時半〜17時)NIE全国大会名古屋大会 実行委員会事務局

愛知県外の教職員・一般の方および新聞・通信社の関係者 愛知県外の教職員・一般の方および新聞・通信社の関係者

愛知県外の学校、教育委員会、教育機関などから参加される方、
および県外の一般の方と新聞社・通信社・新聞販売店の関係者は、
下記からアクセスできるJTBの応募ページより申し込みください。
なお、新聞社・通信社・新聞販売店の関係者は県内外を問わず、ここからお申し込みください。

受け付けは終了しました 受け付けは終了しました
地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索