トップ > 教育に新聞を・NIE > トピックス > 切り抜き 最優秀含め20点 17日まで高山・煥章館で作品展

ここから本文

トピックス

切り抜き 最優秀含め20点 17日まで高山・煥章館で作品展(2018年10月4日)

コンクールの優秀作品が並ぶ会場=岐阜県高山市馬場町の市図書館「煥章館」で

 第24回新聞切り抜き作品コンクール(中日新聞社主催)の優秀作品展が3日、岐阜県高山市馬場町の市図書館「煥章館」で始まった。17日まで。

 コンクールは毎年開かれ、今年は9216点の応募があった。会場では最優秀賞の中日大賞のほか、地元の児童らの入賞作品など計20点が展示されている。

 応募者は「スマートフォンの使い方」や「平和」「障害」など関心のあるテーマに沿って新聞記事の切り抜きを収集。模造紙に貼り付け、強調したい部分に色を塗ったり、イラストを添えるなどして見やすく工夫した。

 作品を審査した中日新聞NIEコーディネーターの林敦郎さん(65)は「見出しや、記事の種類分けを意識したレイアウトに注目してもらいたい」と話した。 (西浦梓司)

(10月4日付 中日新聞朝刊飛騨版より)

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索