トップ > 教育に新聞を・NIE > トピックス > 社会が分かる切り抜き 名古屋市中区でコンクール優秀作品展

ここから本文

教育に新聞を・NIE

トピックス

社会が分かる切り抜き 名古屋市中区でコンクール優秀作品展(2018年6月16日)

新聞切り抜きを分かりやすくまとめた優秀作品が並ぶ会場=名古屋市中区の愛知県図書館で

新聞切り抜きを分かりやすくまとめた優秀作品が並ぶ会場=名古屋市中区の愛知県図書館で

 昨年度の「新聞切り抜き作品コンクール」の優秀作品展が15日、名古屋市中区の愛知県図書館で始まった。7月1日まで。

 小、中学生など全8部門で最優秀の「中日大賞」に選ばれた作品や、県内の優秀賞など計21点を展示。「認知症」「働き方改革」など、テーマに沿った記事を集め、ペンや色紙を使い模造紙に分かりやすくレイアウトしている。

 中学1年生の部で中日大賞に輝いた同県碧南市東中の園田悠清さんの作品は、高度医療に関してまとめた。人工多能性幹細胞(iPS細胞)や臓器移植などの現状を書いた約20本の記事を並べ、「苦しむ人をたくさん助けてほしい」と願いを添えている。

 6月30日には新聞を使ったパズルなどを楽しむ講座もある。先着15組。(問)愛知県図書館=052(212)2323

(6月16日付 中日新聞朝刊県内総合版より)

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索