トップ > 教育に新聞を・NIE > トピックス > 新聞切り抜き 力作ぞろい 金沢駅 コンクール優秀作品展

ここから本文

教育に新聞を・NIE

トピックス

新聞切り抜き 力作ぞろい 金沢駅 コンクール優秀作品展(2018年4月13日)

工夫を凝らした作品が並ぶ新聞切り抜き優秀作品展=金沢駅東もてなしドーム地下広場で

工夫を凝らした作品が並ぶ新聞切り抜き優秀作品展=金沢駅東もてなしドーム地下広場で

 新聞切り抜き作品コンクール(中日新聞社主催)の優秀作品展が12日、金沢市の金沢駅東もてなしドーム地下広場で始まった。19日まで。

 中部9県の小中高校生の8部門に応募があった作品9216点の中から、優秀作21点を展示した。北陸からは、働き方改革をテーマにした加賀市錦城中3年(応募のあった1月現在)の江守真由子さんの入選作や、明るい話題を選んで新聞の楽しさを紹介した輪島市三井小1年(同)、塚崎航羽君と山下香音さん共作の入選作などが並んでいる。

 コンクールは新聞を教育に生かすNIE活動の一環。時事問題などをテーマに新聞記事を切り抜きレイアウトし、見出しを付けるなどして作品にする。砂上昌一・中日新聞NIEコーディネーターは「今回の展示は、いま話題の働き方改革をテーマにした作品が多く、力作ぞろい」と話している。 (浦上豊成)

(4月13日付 北陸中日新聞朝刊22面より)

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索