トップ > 教育に新聞を・NIE > トピックス > 新聞切り抜き 優秀作を展示 福井・ベル

ここから本文

教育に新聞を・NIE

トピックス

新聞切り抜き 優秀作を展示 福井・ベル(2018年4月3日)

新聞記事を切り抜いてまとめた優秀作品が並ぶ会場=福井市のショッピングシティ・ベルで

新聞記事を切り抜いてまとめた優秀作品が並ぶ会場=福井市のショッピングシティ・ベルで

 「第24回新聞切り抜き作品コンクール」(中日新聞社、日刊県民福井主催)の優秀作品展が2日、福井市花堂南2のショッピングシティ・ベルで始まった。11日まで。

 コンクールでは、小中高校生や家族が関心のあるテーマを元に新聞記事を切り抜いて模造紙に貼り付け、見出しや意見、感想を書いた作品を募集。中部9県から9216点の応募があった。

 会場には、中日大賞や優秀賞など約30点を展示。戦争や働き方改革、九州北部豪雨、医療など社会的な問題をテーマにした作品が並んでいる。福井県内からは県の新ブランド米「いちほまれ」や福井国体が取り上げられていた。

 熱心に見入っていた女子中学生(12)=福井市足羽第一中1年=は「戦争体験の記事を読み、平和な生活があらためて大事だと思った。私も新聞の切り抜き作品を作ってみたい」と刺激を受けた様子だった。(大健太郎)

(4月3日付 中日新聞朝刊福井総合版より)

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索