トップ > 教育に新聞を・NIE > トピックス > NIE全国大会が閉幕 名古屋

ここから本文

教育に新聞を・NIE

トピックス

NIE全国大会が閉幕 名古屋(2017年8月5日)

NIE大会の模擬授業で、記事を見ながら見出しを考える親子ら=4日、名古屋市熱田区の名古屋国際会議場で

 第22回NIE全国大会名古屋大会は4日、名古屋市熱田区の名古屋国際会議場で閉幕した。過去最多の2300人が参加、新聞を教育でどう活用するかについて議論を深めた。来年は盛岡市で開かれる。

 閉会式で大会実行委員長の土屋武志・愛知教育大教授は「新聞は、自分と異なる考えに気付き、新しい答えを見つけるきっかけになる」と話した。4日の分科会では、学級討論の材料に新聞を使ったり、説得力のある文章を書くために投書を読んだりなど、小中高校での活用法が披露された。

 大会に参加した名古屋市志段味(しだみ)西小の中井敏勝教頭(51)は「今後は裾野を広げるため、学年や学校といったチームで取り組むことが大切」と話した。来年、公開授業を予定している盛岡市仙北中の長根いずみ教諭(59)は「意見の根拠を明確にするために新聞が役立つ。大会で見た実践を参考にしたい」と語った。

(8月5日付 中日新聞朝刊1面より)

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索