トップ > 教育に新聞を・NIE > トピックス > NIE全国大会 きょう開幕

ここから本文

教育に新聞を・NIE

トピックス

NIE全国大会 きょう開幕(2017年8月3日)

 教育現場での新聞の活用法を探る「第22回NIE全国大会名古屋大会」が3、4日、名古屋市熱田区の名古屋国際会議場で開かれる。全国から過去最多の約2300人が参加。東海3県では初めての開催となる。

 スローガンは「新聞を開く 世界をひらく」。大会は日本新聞協会が主催。愛知県教育委員会、名古屋市教委が共催し、同県NIE推進協議会、中日新聞社が主管する。

 初日は、ノーベル物理学賞を受賞した名古屋大の天野浩教授が、「世界を照らすLED〜未来を照らすことの大切さ〜」と題して記念講演をする。続く座談会は天野教授に加えて至学館大副学長で女子レスリングの吉田沙保里選手、中日新聞社の小出宣昭顧問・主筆、児童生徒が「頭の知識 体の知識」をテーマに、話し合う。

 2日目の分科会では、県内の小中高校による公開授業や、実践報告などがある。当日、会場での参加申し込みも可能。

 NIEは、Newspaper In Education(教育に新聞を)の略称で、学校などで新聞を教材として活用すること。愛知県では2011年5月、行政や学校関係者、報道機関でつくる県NIE推進協議会が設立され、NIEの取り組みを広げてきた。)

(8月3日付 中日新聞朝刊1面より)

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索