トップ > 教育に新聞を・NIE > 中日新聞の紙面より > 来年8月にNIE名古屋大会 天野名大教授が記念講演

ここから本文

教育に新聞を・NIE

トピックス

来年8月にNIE名古屋大会 天野名大教授が記念講演(2016年6月9日)

天野浩名古屋大教授

大会スローガンは「新聞を開く 世界をひらく」

 来年8月3、4日に名古屋市で開かれるNIE(教育に新聞を)全国大会名古屋大会の実行委員会が8日、同市中区の中日新聞社で開かれ、大会スローガンを「新聞を開く 世界をひらく」と決めた。2014年にノーベル物理学賞を受賞した天野浩名古屋大教授が記念講演することも決まった。

 実行委は、愛知県内の教育関係者や報道各社の代表者ら30人で組織。「社会の情報化やグローバル化が進む中、未来を生きる子どもたちには自ら学び、考えを深める能力が求められている」として、スローガンには新聞を読み、視野を広げてもらうメッセージを込めた。

 東海3県では初となる来年の大会には、全国から授業で新聞を活用している小中高校の教員ら約1000人が集う。愛知県内の教員たちが実践例を発表する。

 委員長の土屋武志愛知教育大教授は「地域と学校が協働して子どもを育てるのがNIE。新しい教育の動きを名古屋からスタートさせたい」と話した。

(6月9日 1面から)

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索