トップ > 中日新聞の本 > 月刊ドラゴンズ

ここから本文

中日ドラゴンズファンブック2017
好評発売中

「原点回帰」をチームスローガンに掲げて2017年シーズンを戦う中日ドラゴンズの全容を、写真入りの選手紹介に、選手や森繁和監督のインタビューを交えて紹介!ナゴヤドーム観戦ガイドや試合観戦に役立つデータも充実しています。

定価1200円(税込み) A4判 並製 オールカラー 160ページ。お求めは、お近くの書店、中日新聞販売店などで。Amazonなどでも販売しています。

月刊ドラゴンズ2017年5月号

走塁革命元年 投手を揺さぶり得点力をあげよ!

 

▼走塁革命元年 投手を揺さぶり得点力をあげよ!

▼愛子のインタビュー 京田陽太

▼溝脇隼人 プロ初アーチ

▼明日を支える2軍 ファームの応援に行こう!

▼ファーム球場ガイド

▼原石を探せ!石垣雅海・藤嶋健人ほか

▼ドラ番記者が見た2017WBC

▼手相でチェック 石岡諒太

▼筆跡診断 三ツ間卓也

▼20周年チアドラ特集 コスチューム歴史館

▼新企画 チアドラダンスレッスン

▼足木敏郎DRAGONS61年 鈴木孝政さん

 

 

 

 

▼走塁革命元年 

   投手を揺さぶり得点力をあげよ!

確かに大きく出遅れた。4月7日のDeNA戦でようやく勝利を挙げたが、開幕6戦で勝ちがなかったのは1980年に並ぶワースト記録だった。だが、キラリと光る野球を見せているのも事実である。「2017走塁革命」ともいうべき、果敢に次の塁を狙う姿勢である。ドラフト2位ルーキー京田陽太内野手に引っ張られるように、外国人選手も含めてひるむことなく土にまみれている。走れ!ドラゴンズナイン。全ての暗雲をぶっ飛ばせ!

 

 

 

 

 

▼愛子のインタビュー 京田陽太

  目標は立浪さん。三拍子揃った選手に

走って、守って、打って、開幕から背番号51が躍動しています。ドラフト2位ルーキー京田陽太選手。魅力は、50メートル5秒9の俊足。「走塁改革」が今年のテーマのドラゴンズ。「足にスランプはないので、常に次の塁を狙います」と果敢に挑戦です。チームに新しい風を吹き込んで!

 

 

 

 

▼明日を支える2軍 ファームの応援に行こう!

   ファーム球場ガイドも

シーズンの戦いが始まった。それは2軍も同じ。一足早く3月17日にウエスタン・リーグが開幕し、あすの1軍を夢見る選手たちがホットな戦いを繰り広げている。指揮を執るのは2年目となった小笠原道大監督。昨年は最後までソフトバンクと優勝争いを演じた指揮官だ。若手と1軍復帰を目指す男たちの競演。ナゴヤ球場をはじめ、各地の2軍球場で繰り広げられるもう一つのドラマを見に行こう。

 

 

 

そのほかの内容

  

『チアドラゴンズ2017』華麗なダンスとさわやかな笑顔でナゴヤドームを彩るチアドラゴンズ。2017年のメンバー18人を全員紹介します。さらに『コスチューム歴史館』では、チアドラ誕生時からのコスチュームを一挙に紹介。『チアドラゴンズダンスレッスン プレミアムクラスAクラス』も紹介。

  

ファーム観戦の楽しみは有望選手の発掘にある。『原石を探せ!』では石垣雅海・藤嶋健人など4選手を紹介します。

 

 

  

 

【定期購読】

月刊ドラゴンズの年間購読のお申し込みはこちらから[→詳細はこちら]
地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索