トップ > 中日新聞の本 > 月刊ドラゴンズ

ここから本文

中日ドラゴンズファンブック2018
好評発売中

「原点回帰 Dragons愛! 」をチームスローガンに掲げて2018年シーズンを戦う中日ドラゴンズの全容を、写真入りの選手紹介に、選手や森繁和監督のインタビューを交えて紹介! ナゴヤドーム観戦ガイドや試合観戦に役立つデータも充実しています。

 

定価1200円 A4判160ページ・オールカラー

月刊ドラゴンズ2018年8月号

藤嶋健人 プロ初星で連敗止めた

 

▼藤嶋健人 プロ初星で連敗止めた

▼20歳以下で初勝利の選手たち

▼山本昌『夢の途中』藤嶋健人編

▼清水達也 藤嶋に続けドラ4右腕

▼松坂大輔 オールスター登板

▼愛子のインタビュー 高橋周平

▼周平 自己最長10戦連続安打

▼立浪和義『分氣点』

▼最高の興奮 サヨナラ勝ち3試合

▼鈴木博志 歩き出した守護神への道

▼龍の背 記者のプラスワン

▼手相でチェック 佐藤優

▼夏休みはナゴヤドームへ 

 イオンナゴヤドーム前店とコラボ

 

 

 

 

▼藤嶋健人 プロ初星で連敗止めた

   真っ向勝負でピンチ切り抜けた

2年目の藤嶋健人投手が6月17日、交流戦最終戦の西武戦でプロ初勝利を挙げた。試合直前に先発予定だった松坂大輔投手に異常が発生、代役として先発マウンドに上がって、チームの連敗を3で止める快投を披露。「怪物」が甲子園を制した1998年生まれで、地元・東邦高出身の若武者が竜を目覚めさせる刺激剤となる。

 

 

 

 

 

 

▼松坂大輔 オールスター登板

   ファン投票堂々1位選出 第1戦に先発

全野球ファンの夢見たシーンが実現した。松坂大輔投手が7月13日、マイナビオールスター2018第1戦に先発して、1イニング30球を投げた。詰め掛けた33497人の観衆やテレビの前の人々が熱狂。2位に大差をつけたファン投票1位での選出で12年ぶりに現れた怪物が、平成最後の球宴を一色に染めた。

 

 

 

 

▼愛子のインタビュー 高橋周平

   戌年で年男の7年目「一日一日が勝負」

「今は、一日一日ベストを尽くすだけです」と話す高橋周平選手。『未完の大器』と言われて、はや7年目。今季はセカンドでレギュラー獲りへ。アピールするのはその打撃。昨年1月に結婚、愛妻・祐里夫人のためにも花咲かせるときです。戌年うまれの年男。今年こそ、ブレークして!

 

 

 

 

 

その他の内容

ホームゲームでしか味わえない興奮の瞬間。それがサヨナラ勝ちだ。この劇的勝利を6月だけで3度成し遂げた。この3試合にはある共通点があった。

 

『歩き出した守護神への道』では、2試合連続セーブを挙げたルーキーの鈴木博志投手を特集。『米ちゃんのclose up』でも取り上げています。

 

『手相でチェック』佐藤優

 

今年の夏休みはナゴヤドームへ。試合中はもちろん試合後も楽しめるイベントが満載。イオンモールナゴヤドーム前店とのコラボ情報も。

 

 

 

 

【定期購読】

月刊ドラゴンズの年間購読のお申し込みはこちらから[→詳細はこちら]
地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索