トップ > 中日新聞の本 > 月刊ドラゴンズ

ここから本文

中日ドラゴンズファンブック2018
好評発売中

「原点回帰 Dragons愛! 」をチームスローガンに掲げて2018年シーズンを戦う中日ドラゴンズの全容を、写真入りの選手紹介に、選手や森繁和監督のインタビューを交えて紹介! ナゴヤドーム観戦ガイドや試合観戦に役立つデータも充実しています。

 

定価1200円 A4判160ページ・オールカラー

月刊ドラゴンズ2018年4月号

特別付録 スケジュールカレンダー

 

▼歴史をつくれ!竜戦士

▼小笠原慎之介 開幕投手なら球団最年少

▼初開幕を白星で飾った男たち

▼川又米利のclose up 柳裕也

▼高橋周平 7年目 今季こそ

▼大野奨太 初打席であいさつ弾

▼松坂大輔 「感謝」の竜デビュー

▼愛子のインタビュー 大島洋平

▼ナゴヤドーム開幕3連戦

▼2018ベースボールメイツ紹介

▼追悼試合 星野さんの教えいつまでも忘れません

▼侍・田島 名古屋から世界へ第一歩

▼手相でチェック 吉見一起

▼新連載 いとうまい子の「まいどらほーでいず」

 

 

 

 

▼小笠原慎之介 開幕投手なら球団最年少

   若き左腕の力でチームに勢いを

ドラゴンズの歴史を変える戦いが3月30日の広島戦から始まる。開幕投手候補の一人に挙がっているのが小笠原慎之介投手だ。開幕日で20歳173日の左腕が大役を果たせば、1954年に石川克彦投手が20歳196日で務めたのを更新する2リーグ分立後の球団最年少記録となる。また、平成生まれの開幕投手もドラゴンズでは初めて。64年ぶりに記録を塗り替えて、さらに勝利をつかむことができれば、6年ぶりAクラス、7年ぶりリーグ制覇を目指してシーズンに臨むチーム全体への波及効果は計り知れない。

 

 

 

 

 

▼愛子のインタビュー 大島洋平

   ドラフト5位の出世伝説

昨季8月31日のDeNA戦で死球を受け、右足腓骨を骨折した大島洋平選手。首位打者争いをしていた中でのアクシデント。悔しさは9年目の今季で晴らします。チームを勝利へ、そして首位打者、最多安打、盗塁王。ことしこそは有言実行でタイトル取りを目指します。

 

 

 

 

▼ナゴヤドーム開幕3連戦

 光が織りなす新演出

4月3日の巨人戦が、ホーム開幕戦となるドラゴンズ。ことしのナゴヤドームは、光の演出に注目だ。このオフ、1997年の開場後初めて、グラウンドを照らす照明設備を発光ダイオード照明へ変更した。天井に向けたLED照明はフルカラー。さまざまな色に変化させて、ホームランが出たときの感激ムードを盛り上げたり。試合開始前から終了後まで、ナゴヤドームにいる楽しさを感じられそうだ。

 

 

 

 

 

その他の内容

『いとうまい子のまいどらほーでいず』

40年以上ドラゴンズ一筋で応援しているいとうまい子さんのドラゴンズ愛あふれるコラムが今号よりスタート!

   

『2018ベースボールメイツ紹介』

ナゴヤドームでグラウンドの華、そして試合進行のアシスタントとして活躍するベースボールメイツの5人を紹介

   

『手相でチェック』吉見一起 など

 

【定期購読】

月刊ドラゴンズの年間購読のお申し込みはこちらから[→詳細はこちら]
地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索