トップ > 中日新聞の本 > 月刊ドラゴンズ > 一覧 > 月刊ドラゴンズ2018年7月号

ここから本文

中日新聞の本

月刊ドラゴンズ2018年7月号

月間MVP受賞!ソイロ・アルモンテ大解剖

 

▼ソイロ・アルモンテ大解剖 左右打席どっちもすごい

▼アルモンテになるもんね!なりきり写真募集

▼立浪和義『分氣点』打席の特徴を分析

▼愛子のインタビュー アルモンテ

▼ガルシア モヒカン金髪が竜投大黒柱

▼来日1年目外国人投手列伝

▼山本昌『夢の途中』ガルシア編

▼ビシエド 4番の仕事で4点差逆転

▼山井大介40歳完封勝利

▼40歳以上で活躍した選手列伝

▼松坂大輔 2勝目&初マルチ

▼369日ぶり岡田俊哉が帰ってきた

▼オレたちの交流戦イベント

▼手相でチェック 藤嶋健人

 

 

 

 

 

 

▼ソイロ・アルモンテ大解剖

   5月月間MVP受賞

竜史上、最高の外国人打者になる可能性を秘めている。それが来日一年目のソイロ・アルモンテ外野手だ。左右両打席で、まるで鏡で映しているかのように、癖が無くスムーズなスイングを披露。大きな苦手が見当たらない打撃で安打を量産し、ツボにはまれば長打も見せる。5月はセ・リーグ月間MVPも受賞した。すごいのはひげだけじゃない!

 

 

 

 

▼愛子のインタビュー アルモンテ

   ひげグッズもできた「みんな使って」

立派なあごひげがトレードマークのソイロ・アルモンテ選手。開幕から日本の野球にも順応し、勝負強い打撃を見せています。「自分の成績よりチームの勝利に貢献したい」と語るカリビアンは、ワイルドなひげとは対照的にまじめな性格。プライベートでは家族思いの優しいパパです。その素顔を……?

 

 

 

 

▼山井大介40歳完封勝利

   史上9人目40代完封

「不惑」の年齢、40歳になった山井大介投手が再び輝きを取り戻した。5月22日のDeNA戦で今季初めて1軍昇格。「心と体をコントロールできた」とわずか4安打1四球で3塁すら踏ませず、見事完封してのけた。山井自身の完封は4年ぶり5度目、40代では史上9人目の快挙。まだやれる、まだ世代交代とは言わせない。明日へのパワーをもらった『おじさん世代』は多かったはずだ。

 

 

 

その他の内容

虎相手に2勝目&初のマルチ安打を記録した松坂大輔投手。今号では、3勝目を挙げたソフトバンク戦の詳報も。

  

『アルモンテになるもんね!なりきり写真大募集』  

帽子やかつら、つけひげなどでアルモンテ選手になりきったあなたの写真を募集します。優秀作数点を月刊ドラゴンズ9月号に掲載予定です。さらに、アルモンテ選手自身が選んだ最優秀賞の方には、アルモンテ選手と2ショット写真を撮っていただきます!写真の送り先や締切などは、今号6ページをご覧ください。

   

『手相でチェック』とピンナップは、プロ初勝利を挙げた藤嶋健人投手です。

 

 

  

 

 

【定期購読】

月刊ドラゴンズの年間購読のお申し込みはこちらから[→詳細はこちら]

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索