トップ > 中日新聞の本 > 月刊ドラゴンズ > 一覧 > 月刊ドラゴンズ2018年1月号

ここから本文

中日新聞の本

月刊ドラゴンズ2018年1月号

特別付録 京田陽太特大ポスター

 

▼新人王対談 京田陽太&立浪和義

▼京田陽太 さらなる高みを目指せ!

▼竜新人選手お披露目

▼手相でチェック 鈴木博志

▼愛子のインタビュー 小笠原慎之介

▼2018スローガン 『原点回帰』

▼日本ハムFA大野 獲得

▼新外国人野手2人獲得へ

▼川又米利のclose up 福田永将

▼ファンフェスタ 爆笑紅白戦

▼新連載「木俣達彦マサカリ半生記」

▼新春特別プレゼント

 

▼新人王対談 京田陽太&立浪和義

  

2017年のシーズンで京田陽太選手が新人王を獲得しました。中日の野手に限れば1988年の立浪和義さん以来、実に29年ぶりの快挙です。そこで本誌は2人のスペシャル対談を企画しました。実は、2人には接点がいろいろあったのです。笑いあり、マニアックな話あり、盛り上がりました。

 

 

 

 

▼竜新人選手お披露目

  輝け!8つのヤングスター

中日の新人8選手の入団発表が11月27日、名古屋市内のホテルで行われ、ユニホーム姿が披露された。チームはBチームの低迷しているが、2017年シーズンは京田陽太選手が新人王に輝いたほか、鈴木翔太・小笠原慎之介といったかつてのドラフト1位投手がそれぞれ5勝をマークするなど若手に勢いが出てきた。新戦力加入でチーム改革がさらに進むことに期待がかかる。新入団選手はナゴヤドームで開かれた「ファンフェスタ」でファンにお披露目され、決意を新たにした。 

 

 

 

 

▼愛子のインタビュー 小笠原慎之介

   5勝は「白に近いグレー」

竜の未来を担う左腕・小笠原慎之介投手。左ひじの手術から復帰した2017年は、初完投を含む5勝を挙げ、成長の証も見せました。飛躍の3年目。「チャンスがあればやってみたい」と2018年の開幕投手も視野に入れています。エースの道へ。更なる進化に期待が膨らみます。

 

 

 

 

その他の内容

2018年スローガン「原点回帰」をテーマに、復活をめざすチームの姿を紹介。日本ハムからFA宣言した大野奨太捕手を獲得し、2人の新外国人の獲得も。

 

『木俣達彦マサカリ半生記』今号より木俣達彦さんの連載が始まります。ドラゴンズの重鎮が語る秘話にご期待ください。

 

今号には、新人王獲得の京田陽太選手の特大ポスターが付いています。さらに、新春スペシャルプレゼントとして、京田選手のサイン入り新人王記念Tシャツなどを用意しました。ご応募お待ちしてます!

 

 

 

 

 

【定期購読】

月刊ドラゴンズの年間購読のお申し込みはこちらから[→詳細はこちら]

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索