トップ > 中日新聞の本 > 月刊ドラゴンズ

ここから本文

中日ドラゴンズファンブック2018
好評発売中

「原点回帰 Dragons愛! 」をチームスローガンに掲げて2018年シーズンを戦う中日ドラゴンズの全容を、写真入りの選手紹介に、選手や森繁和監督のインタビューを交えて紹介! ナゴヤドーム観戦ガイドや試合観戦に役立つデータも充実しています。

 

定価1200円 A4判160ページ・オールカラー

月刊ドラゴンズ2018年10月号

期待の大器 目覚めの時

 

▼高橋周平 初の2桁アーチ

▼佐藤優 大躍進 プロ初セーブ

▼川又米利のclose up 佐藤優

▼ビシエド 月間最多安打 リーグ新記録

▼平田良介 サイクル安打達成

▼竜投未来図 小熊・笠原・藤嶋

▼愛子のインタビュー 藤嶋健人

▼大島 8打数連続安打

▼松坂大輔 聖地でバースデー勝利

▼山本昌『夢の途中』

▼竜女子会TALK 在名6局 女子アナ特別編

▼手相でチェック 清水達也

 

 

 

 

▼期待の大器 目覚めの時

  高橋周平2桁アーチ  佐藤優プロ初セーブ

大器が目覚めの時を迎えた。山梨・東海大甲府高からドラフト1位で入団して7年目の高橋周平選手が始めての二桁本塁打をマークすれば、東北福祉大からドラフト2位で入団して3年目の佐藤優投手はリリーフで頭角を現して抑え役に抜粋されると初セーブをマーク。大きな期待を受けてドラゴンズのユニホームを着た1993年度生まれコンビが、真の主力への第一歩を踏み出した。

 

 

 

 

▼ビシエド 月間最多安打

  リーグ新記録 3度目月間MVPも

魔の8月に真価を発揮だ。ダヤン・ビシエド選手が8月31日巨人戦の1回、左前に放った先制打がこの月47本目の安打となり、月間最多安打のセ・リーグ記録を樹立。オリックス時代のイチローが持つ日本記録にはあと1本届かなかったがメジャー時代からイチローをリスペクトしてきたビシエドは「記録を作れたことは素直にうれしい」と納得顔。この活躍で、3度目のリーグ月間MVPを受賞。残り試合は自身初タイトル、首位打者へ向かって一直線だ。

 

 

 

 

 

▼愛子のインタビュー 藤嶋健人

  びっくりプロ初先発白星

緊急登板でも動じません。「マウンドでは攻める気持ちが大事。それがないとボクには何もないです。」と話す入団2年目の藤嶋健人投手。愛知・東邦高からドラフト5位で入団。昨季、1軍登板は無し。今季は4月末に1軍昇格すると6月17日の西武戦でプロ初先発初勝利。投げっぷりのよさ、目が離せませんね。

 

 

 

 

 

その他の内容

球団8人目のサイクル安打を達成したプロ13年目の平田良介選手。8月16日DeNA戦の全打席を振り返ります。

 

『竜女子会TALK』今回は名古屋のドラゴンズ関連番組の女性アナウンサー・キャスターのみなさんに集まっていただいた特別編。

 

甲子園でバースデー勝利を挙げた松坂大輔投手の情報も。

 

 

 

【定期購読】

月刊ドラゴンズの年間購読のお申し込みはこちらから[→詳細はこちら]
地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索