トップ > 中日新聞の本 > 月刊ドラゴンズ

ここから本文

浅尾投手、岩瀬投手、荒木選手が掲載の
月刊ドラゴンズは

【浅尾投手】2014年1月号 表紙ポスター付き 2014年2月号 表紙 2014年4月号 表紙・二者択一コーナー 2014年6月号 すべての竜党が待ち焦がれる男 2014年7月号 少年野球時代 2014年8月号 表紙 2015年10月号 ピンナップ 2016年11月号 変革のとき 2017年8月号 アイドル大図鑑

【岩瀬投手】2014年8月号 大記録に挑戦 2014年9月号 400セーブ達成・ポスター付き 2016年11月号 変革のとき 2017年8月号 月間MVP 2017年9月号 950試合登板・ポスター付き

【荒木選手】2014年2月号 インタビュー 2014年10月号 トーク 2016年8月号 盗塁数球団記録 2017年4月号 2000安打へ 2017年7月号 2000安打達成・ポスター付き

上記の月刊ドラゴンズは、少数ですが在庫があります。お求めは書店、または中日新聞販売店へ。月刊ドラゴンズのサイトからは、代引きにてお求めいただけます。

月刊ドラゴンズ2019年2月号

新人自主トレスタート

 

▼与田監督 年賀式で決意表明

▼動き出したルーキーたち

▼新人入寮 持参品に見る個性

▼手相でチェック 勝野昌慶

▼竜戦士2019 始動

 京田・吉見・大野雄・佐藤

▼愛子のインタビュー 小熊凌祐

▼日本人選手全員が契約更改

▼川又米利のclose up 笠原祥太郎

▼沖縄キャンプへ 路線バスでGO!

▼グラウンドを離れた竜戦士

▼権藤さん・立浪さん 野球殿堂入り

 

 

 

 

▼与田監督 年賀式で決意表明

   「遠慮なく優勝」宣言

キーワードは「宝物」と「束」。

与田剛監督が1月4日、名古屋市内で行われた球団年賀式に姿を見せて、高らかに「優勝を目指す」と宣言した。「宝物である選手、スタッフと束になって向かって行きたい」とチーム全員を宝にたとえ、結束力で荒波を乗り越える決意の新指揮官。年賀式に続いて、もう一つの宝ともいえるファンとの交流イベントにも参加するなど、年明けから意欲的に動いてみせた。

 

 

 

 

▼動き出したルーキーたち

   新人合同自主トレ開始・入寮も

竜の新時代の担い手、ドラフト1位・根尾昂選手ら新人6選手が1月7日、ナゴヤ球場で合同自主トレを開始した。ゴールデンルーキーの始動に例年の倍の報道陣が視線を送る中、与田剛監督も異例といえる視察に訪れた。根尾は持久走をトップでゴールするなど、高い身体能力の一端を披露した。

 

1月6日、5人のNEO竜戦士が若手合宿所「昇竜館」に入寮した。さまざまな持参品から、選手それぞれの個性もみえてきた。

 

 

 

 

▼愛子のインタビュー 小熊凌祐

   鉄仮面!?「違います。しゃべるし、笑うし」

「もう成績を残さないと後がない」。マウンドでは喜怒哀楽を表さずグッと闘志を内に秘めるタイプの小熊凌祐投手。昨年10月に結婚、11年目の今季にかける決意はひとしおです。2016年の初完封も含め5勝が自己最多。「ことしはキャリアハイを」とキッパリ。鉄仮面といわれる、その素顔にも迫ります。

 

 

 

 

その他の内容

野球殿堂博物館は1月15日、2019年の野球殿堂入りを発表し、立浪和義さんと権藤博さんの中日OB2人が選ばれた。

 

平成最後の年始を迎え、竜戦士もそれぞれ各地で始動した。『竜戦士2019 始動』では京田選手、吉見投手らの自主トレの様子を紹介。

 

 

 

【定期購読】

月刊ドラゴンズの年間購読のお申し込みはこちらから[→詳細はこちら]
地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索