トップ > 中日新聞の本 > 月刊ドラゴンズ

ここから本文

月刊ドラゴンズ2017年1月号

スーパールーキー大解剖 柳裕也

 

▼新ユニホームで入団会見

▼柳裕也 story

▼明治大学野球部を日本一へ

▼手相でチェック 柳裕也 野球界のカリスマに

▼山本昌広『夢の途中』 ルーキーに贈る言葉

▼森監督二刀流 大砲ゲレーロ獲得

▼愛子のインタビュー 岸本淳希

▼はばたけ若竜 高橋周平・小笠原慎之介

▼筆跡診断 伊藤準規

▼岡田俊哉 侍ジャパン奮闘記

▼契約更改は意外な暖冬

▼ファンフェスタ

▼女子会TALK 

▼足木敏郎DRAGONS61年 杉下茂さん

 

 

 

 

▼新ユニホームで入団会見

   ドラゴンズブルーも復活

中日は12月12日、名古屋市中区のホテルで育成選手一人を含む新人7人の入団を2017年シーズンから着用するホーム用新ユニホームとともに発表した。胸のマーク、帽子の色が球団旗と同じドラゴンズブルーになり、肩のラインが2011年以来6年ぶりに復活する。1位入団の柳裕也投手らが早速着用して決意を新たにした。

 

 

 

 

 

▼柳裕也 story

   スーパールーキーを大解剖

中日がドラフト1位指名した明治大学の柳裕也投手が契約金1億円プラス出来高5000万円、年俸1500万円で契約した(金額は推定)。昨年の小笠原慎之介投手に続く満額の条件。即戦力として期待される柳。サクセスストーリーがいま始まろうとしている。明治大学を日本一に導いた明治神宮野球大会、手相でチェックなど、スーパールーキーに迫ります。

 

 

 

 

▼愛子のインタビュー 岸本淳希

  悲願の支配下登録 スタートラインに立てた

「59といえば岸本といわれるようになりたいです」。2014年に育成ドラフト1位で入団した岸本淳希選手。3年目の2016年4月に四国アイランドリーグplus香川に派遣され、10月にはU-23日本代表に選ばれて奮闘。やっとつかんだ2桁の背番号。これまでの心境と2017年への思いを聞きました。

 

 

 

 

 

そのほかの内容

『岡田俊哉 侍ジャパン奮闘記』侍ジャパンの追加収集メンバーに選ばれた岡田俊哉投手は、11月の強化試合で好投した。12日のオランダ戦では勝利投手に輝いた。

 

『はばたけ若竜』では、チーム改革へ期待しないではいられない高橋周平内野手、リハビリにはげむ小笠原慎之介投手、支配下選手登録を勝ち取った三ツ間卓也投手、秋季練習で目立った石岡諒太内野手に着目。

 

『筆跡診断』 伊藤準規

  

『足木敏郎DRAGONS61年』 杉下茂さん  など

  

  

  

 

【定期購読】

月刊ドラゴンズの年間購読のお申し込みはこちらから[→詳細はこちら]
地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索