トップ > 中日新聞の本 > 月刊ドラゴンズ

ここから本文

川上憲伸さんトークショー!!
8月23日イオンモールナゴヤドーム前店にて

今年3月に現役を引退した川上憲伸さんのトークショーが8月23日14時からイオンモールナゴヤドーム前店にて開催されます。

22日〜23日13時までに、未来屋書店ナゴヤドーム前店にて、月刊ドラゴンズ9月号をご購入いただいた方には、川上さんのサイン色紙引き換え券(数に限りがあります)をお渡しします。

トークショー終了後に、サイン色紙と引き換えます。

月刊ドラゴンズ2017年9月号(8/22発売)

特別付録 岩瀬投手最多登板記念ポスター

 

▼岩瀬仁紀 日本記録!950試合登板達成!

▼岩瀬が抜いた7人の大投手たち

▼山本昌広 夢の途中 岩瀬編

▼龍の背記者のプラスワン

▼竜1年生トリオ 谷元・京田・ゲレーロ

▼竜戦士 オールスターで躍動

▼愛子のインタビュー 笠原祥太郎

▼川又米利のclose up 谷哲也

▼手相でチェック ゲレーロ

▼筆跡診断 丸山泰資

▼編集長が行く 

▼SKEだ盆踊りだ 夏の竜陣祭

▼チアドラメンバー紹介 Vol.4

●特別付録 サイン入り岩瀬投手最多登板記念ポスター

  

 

 

 

▼岩瀬仁紀 日本記録!950試合登板達成!

  両親に感謝の気持ち届けたい

 950試合登板の日本記録を樹立した岩瀬仁紀投手。プロ入り19年目、セーブ記録に加えてもう一つの頂点に到達した。6月23日の巨人戦では3年ぶりのセーブも記録し、月間MVPも受賞。登板数も4年ぶりに40を上回り、ついに日本歴代最多に到達した。この先、前人未到の1000試合登板も見えてきた。まだ、岩瀬仁紀の物語は終わらない。

 

 

 

 

 

▼竜1年生トリオ 谷元・京田・ゲレーロ

   改革の旗手

 期待された新三本柱の鈴木翔太投手・柳裕也投手・小笠原慎之介投手が8月6日の時点ですべてファームへ。簡単に選手が育たないことを改めて思い知った。だが、今年加入した3選手がいるからまだまだ夢に希望をつないでいると信じたい。日本ハムからトレードで獲得した谷元圭介投手、新人の京田陽太内野手、アレックスゲレーロ選手。閉塞感のあるチームにぜひとも風穴を開けて欲しい。

 

 

 

 

▼愛子のインタビュー 笠原祥太郎

  森監督にケツ蹴られた

 新潟県内の大学から初めてプロ入りした笠原祥太郎投手。6月下旬に1軍入り。6月30日の広島戦で無失点デビューを飾り、フレッシュオールスターにも出場と、プロの道を歩み始めました。「人見知りなので不安だらけでした」と話す異色の左腕ルーキー。その今は??

 

 

 

 

その他の内容

 今号は、『岩瀬投手サイン入り特大ポスター』が付録として付いてきます。  

 さらに最多登板日本記録達成日が入った岩瀬投手の直筆サイン入りグッズが抽選で当たるプレゼント企画も充実してます。

  

『川又米利のclose up』 谷哲也

『手相でチェック』 ゲレーロ

『筆跡診断』 丸山泰資  など

 

【定期購読】

月刊ドラゴンズの年間購読のお申し込みはこちらから[→詳細はこちら]
地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索