トップ > 中日懇話会

ここから本文

中日懇話会

 「中日懇話会」は政治、経済を中心に文化、社会全般にわたる国内情勢や海外の動向を会員に迅速、的確に提供し、懇談しながら情報交換、親睦を深める場です。

 毎月1回、内外の著名な講師を招いて名古屋市内のホテルで講演会、昼食会を開いています。また、毎月会報を発行し、講演内容などを紹介しています。

 1976年の創立で長い歴史を誇り、地域で高い評価を受けています。

入会案内
 
写真

 第511回中日懇話会(中日新聞社主宰)が3日、名古屋市内のホテルで開かれ、朝鮮半島問題の専門誌「コリア・レポート」編集長の辺真一(ピョンジンイル)さん(70)が「北朝鮮の核・ミサイル問題の行方と日韓関係」をテーマに講演した。(10月4日) 記事全文へ

 

次回のお知らせ

[講師]
作家 黒木 亮 氏
[演題]
「国家を食いものにするハイエナファンド」
[日時]
平成29年11月29日(水)11:50〜14:00
[場所]
名古屋東急ホテル 3階「ヴェルサイユの間」

[黒木 亮(くろき・りょう)氏の略歴]

 1957年、北海道生まれ。早稲田大学法学部卒。カイロ・アメリカン大学大学院修士(中東研究科)。都市銀行、証券会社、総合商社に23年余り勤務し、国際協調融資、プロジェクト・ファイナンス、航空機ファイナンスなどを手掛ける。2000年、国際協調融資の攻防を描いた「トップ・レフト ウォール街の鷲を撃て」で作家デビュー。主な著書に「巨大投資銀行」「排出権商人」「トリプルA 小説 格付会社」「鉄のあけぼの」「法服の王国 小説 裁判官」「国家とハイエナ」など。「サンデー毎日」で「島のエアライン」、月刊誌「世界」で「アパレル興亡」を連載中。早稲田大学時代には箱根駅伝に2回出場。1988年から英国在住。

歴代の主な講師(敬称略)

政治・経済
松下幸之助 竹下登 稲山嘉寛 土井たか子
邱永漢 佐治敬三 豊田章一郎 中曽根康弘
海部俊樹 福田赳夫 土光敏夫 佐々木毅
竹中平蔵 橋本龍太郎 長谷川慶太郎 宮沢喜一
大平正芳 F・A・ハイエク 本田宗一郎 野中広務
渡辺捷昭 御厨 貴 浜 矩子 鳩山由紀夫

国際問題
E・ライシャワー ハビエル・デクエヤル 高坂正堯 田中直毅
トーマス・フォーリー 盛田昭夫 中西輝政 岡本行夫
ミハイル・ベールイ 寺島実郎 阿南惟茂 ジェラルド・カーチス

社会・文化
江崎玲於奈 津本陽 糸川英夫 堺屋太一
田原総一郎 竹村健一 河合隼雄 草柳大蔵
梅原猛 城山三郎 中坊公平 山中伸弥

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索